読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきおんblog

ど素人がVR動画を作ろうとあれこれしています。

Udacityで学習を始めてみた理由 (23日目)

こんにちは、VRの学習はちゃんと続いています。

今日で23日目になりました。

毎日1−2時間を割きたいなと思いつつ、1週間に4日程度触るような日が続いております。

 

 

さて、前回紹介したUdacityについて記したいと思います。

とはいえ、詳しいことはググると大量に出てくるので細かなことは省き、個人の感想目線でご紹介。

 

Udacityは有料もしくは無料でテクノロジー関係(プログラミング、デザイン、ソフトウェアの扱い方とか)のスキルが学べるオンライン大学です。

f:id:yukarisan0212:20170313035836p:plain

 

自分はVRコースにしましたが、他にもロボット、人工知能(AI)、自動運転など

これからぐんぐん伸びるであろうイケてる分野のコースがたくさん。

 

数あるオンライン学習サービスでUdacityを選んだ理由を3つあげてみます。

1. コースの質が高い(有名企業監修あり)

2. 修了証がもらえる

3. 続きそう

 

1. コースの質が高い(有名企業監修あり)

f:id:yukarisan0212:20170323045910p:plain

名だたる有名企業(の中の人)がコースの監修やサポートをしているようです。

at&t (アメリカのモバイル大手)、GoogleGitHubfacebook.. 大御所ばかり。

Udacityでは「キャリアアップに活かせるレベル」の習得を照準にしています。

その分野で必要な実用的スキルが学べるように組み込まれているのは確かです。

 

なおこのUdacityのコース修了を新人研修のメニューにしている有名企業もあるらしい。(なかなか大変だろうな)

 

2. 修了証がもらえる

それぞれのコースはUdacity内で「Nanodegree」と呼ばれています。(Nanoは極小の単位、degreeは学位)

修了したあかつきには立派な修了証がもらえます

 

というのも、上記の通り有名企業もサポーターに名を連ね、Nanodegreeの修了はある程度のスキルを証明するものとして就職活動でも十分アピールできる価値を持っているとのこと。

実際コースの中には、

 - LinkedInの活用方法

 - 面接での自己アピールの方法

 - ポートフォリオ作成 (コースで作った作品を面接でアピールできるようにするもの)

に関してのレッスンも組み込まれています。

Udacity内で企業にプロフィールを公開し、オファーのチャンスを得ることもできるようです。

趣味目的で始めたのに変な気を起しそうだ。

 

「私Nanodegreeを修了して、Googleで働いています」といったコンテンツもあり、ホイホイとマーケティングされて入学しました。

当方はVRで飯を食おうというつもりはありませんが、どっちみちお金を払って学ぶなら誰かに認めていただけるものだといいですよね。

 

 

3. 続きそう

最初のお試し1週間で無理そうだなと思ったらやめようと思ったのですが、続きそうだなと思えたので有料コースにしました。

 

- 動画レッスンでサクサク進む

f:id:yukarisan0212:20170323053157p:plain

こんな感じで、2~5分程度の動画を見ながら、たまに手を動かしながら進むので

サクサクこなしている(と感じられる)のが良い。

ものすごい単純なんですが、こういう進捗ゲージがひとつづつクリアされていくのはやっぱり地味な達成感がありますね。

f:id:yukarisan0212:20170323054655p:plain

 

f:id:yukarisan0212:20170323054720p:plain

 

 

- メンター、レビュワーなど生身の方からのサポートがある(たぶん有料版のみ)

f:id:yukarisan0212:20170323053449p:plain

これはコース内で課される宿題を提出した後、Udacityの中の人が修正箇所をレビューしてくれているもの。「GOOD!でもここがダメなのでやり直して再提出ね」と。

つまり赤ペン先生ですね。やったことないけど。

 

他にも不明点をチャットでメンターさんに相談できたり、質問板でUdacityの中の人や他の生徒さんとやり取りできたりします。

やっぱりオンラインといえど、サポーターの存在は三日坊主にはありがたいものです。

 

 

 

以上のような点を評価して有料コースを始めました。

さて始めてからのモチベーションですが、いつの間にやら「半年内に卒業してお金返してもらうぞ」が上位に来ています。

月199USDと決して安くないのですが、半年内に終了すると半額が帰ってくるのです。

これだけの質を提供しておきながら、そのスタンスには感動します。

 

 

不満点はないのかと言われると、たまに配布されているデータがレッスン内のデータと異なったりしてちょっと混乱する、といった細かいところがきになる程度です。

 

 

始めて3週間ほどですがこのような3DモデルをUnityでいじれるようになりました。

f:id:yukarisan0212:20170323055753p:plain

 

というと聞こえがいいでしょうか。

レッスンに沿っていれば誰でも出来るようになっています。

 

それでもちょっとは自分で触り方を覚えてきました。 

やれることが増えるのは楽しいもの。まだまだですねー。

 

コードを1行も書けない人間がUdacityでVR動画を学習し始めた

こんにちは。

このブログはUdacityでVR動画作成を学習し始めた筆者の記録です。

モチベーション維持と日本語での備忘録のためブログを始めました。

 

最初の投稿なので、簡単に自己紹介をかねて経緯について。

 

きっかけ - なぜVR動画を学ぼうと思ったのか?

とても暇だったからです。

自分はいわゆるノマド的な生活をしており、海外で頻繁に移動をしています。もともと趣味と聞かれれば"旅行"だったのですが、それが日常と変わらないようなものになってしまいました。そしたら仕事以外の時間がめっちゃ暇になりました

あちこちいけるし、買い物も写真も好きだし、街歩きも楽しいのですが、数週間もいればさすがに飽きる。本当はキャンプやダイビングも好きだが、生活スタイル上あまり利用頻度の低い靴や服などを持ち歩く余裕がなく、かつ訪問先は大体都市部のみ。

 

いつも持ち歩いているパソコンを使った趣味ができたら、どこででも楽しめるのになーと思っていました。

そんな時に知ったのがUdacityだったんですね。

(Udacityについてはまた次回説明します)

 

f:id:yukarisan0212:20170313035836p:plain

 

 

VR動画を選んだ理由

これは単純に”今からイケてそうで楽しそう”だったから。

f:id:yukarisan0212:20170313040558p:plain

 

Udacityにはいろんなコースがあって、App制作とか自動運転とかウェブページ、デザインなど選択肢は様々。

正直自分のスペックを考えれば(以下参照)ぶっちゃけどれでもよかったのですが、ゲームや映画、動画といったエンターテイメント分野が個人的に大好きなので、これなら続くかなあと思いました。

 

あとUdacityのサイトの"現状求められるスキル欄に

"プログラミングできなくていい"

とあったので、「いける!」と思いました。

(もちろんあとで勉強する羽目になります)

 

開始時点スペック

- Unityってなに?

- プログラミングわからない ( HTMLの米粒ほどの知識)

- コード書けない

- VRグラス持っていない

- 英語は大丈夫

 

ものすごいど素人。

"コンソールとは" "プロトコルとは" "apk ファイル どこに保存 "

初歩的なワードにつまづいてはこのようにググるレベル。

 

ただしUdacityは非常に質の高い学習ツールで、

それが「素人 join us」と言っているのだから、大丈夫でしょう(楽観)。

 

ちなみにこちらのブログですが、Unity やVRのHow to、解説などを掲載するようなレベルのものにはならないと思います。

ただの筆者のぼやきのようなものになりそう。

 

 

現状

今、VRコースの8過程中2番目の宿題に取り掛かり中です。

今週はちょっと学習時間が取れなかったので、

実質最初の7-8日間で上記を済ませました。

 

なかなかサクサク進めそうだと思ったかもしれませんが、

後半にいくにつれ難易度は上がり、進みも遅々としてきます。

 

進度

- Unityが何か分かる、何となく使い方が分かる

- スマホでVR画像を作動させることができる

- プログラミングはできない

- VRグラスない

 

.. ちょっとは進歩したか?

 

何をしたいのか

今のところは趣味でいいと思っていて、絵を描いたり、動画を作ったり、それをどこかにアップロードして反応見たりするのと同じように、何かを作る楽しみにできればいいなと。

 

 

 有料コースで学習をしているので半年内の卒業が目標です!